あれこれ日記

日常で起こったことやニュースを見て感じたこと、考えたことなどをあれこれと書いていきます。

チアダン主題歌

JUGEMテーマ:映画

 

2017年3月11日(土)公開予定の映画「チアダン」。

 

広瀬すずちゃん主演の青春映画ですね。

 

県立福井商業高校チアリーダー部「JETS」が成し遂げた実話をもとに制作されています。

 

主題歌は大原櫻子さんが歌う「ひらり」となっています。

 

大原さんは、映画に出演もされているようです。

 

予告編に使われている曲は、Owl Cityの「Good Time( with Carly Rae Jepsen)」になります。

 

これです↓

 

どうやらこの曲は全米決勝大会のシーンでも使われている様子。

 

そのほか、Ariana Grande「Problem」のカバーも決勝のシーンで使用されているみたいです。

 

サントラCDは2017年3月8日発売となっています。

 

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥3,240から
(2017/3/5 22:12時点)

 

 

 

USJで4Dゴジラ体験ができるアトラクション

USJで4Dゴジラ体験ができるアトラクションが来年開設されるようです。

アトラクション名:ゴジラ・ザ・リアル 4-D

開催期間:2017年1月13日(金)〜6月25日(日)

ゴジラが大阪の街に現れるストーリーのようです。

シン・ゴジラは、東京・神奈川中心だったので、「こっちのほう(関西)にも来て欲しかった」なんて方もいるのではないでしょうか。

USJがそれをかなえてくれそうです!

アトラクションの詳細は2016年12月公開ですが、大阪湾上の航空母艦「機龍」から戦闘機へ乗り込み、ゴジラ掃討へ向けて出撃するという展開になるようです。
これは期待できそうですね!


永遠の0(映画)の感想

映画「永遠の0」。

以前テレビ放送されたものを録画で見ました。

感想は・・・

つまらなくはなかったけれど、あれだけ話題になったのはどうして?

といった感じ。

すごい絶賛されていた印象があり、期待して見てみたのですが、若干肩透かしをくらった気がします。

興行成績も良く、wikipediaで見てみると、邦画の興行収入ランキングで12位。

87.4億円もの収入となっています。

シン・ゴジラよりもすごい盛り上がりだったということではないでしょうか。

でも、自分ではシン・ゴジラのほうが全然上だな・・・

シン・ゴジラは劇場で見て、永遠の0はテレビ録画視聴だったので、それを同じレベルで比較するのはよくないのかもしれないですが。

自分が男だからなのか、家族のために自分の命を惜しむというのがあまり入ってこなかった。

で、物語最後のほうの主人公の選択も。

原作を読むと、もっと説得力が感じられるのだろうか。

でも、学徒動員された学生たちを「将来の日本のためにつくすべき人材だ」というので守ろうとしたのはちょっと感動しました。
(やはり、男目線?)

あと、岡田准一くんや、三浦春馬くん、井上真央さん、吹石一恵さんら出演陣の演技はよかったと思うし、あのヤクザの親分役の方もかっこよかった。

演じたのは田中泯(たなか みん)さんという方。

もともと、ダンサーの経歴をお持ちの方のよう。

ヤクザの親分役の青年期時代(戦闘員時代)を新井浩文さんが演じています。


主人公の奥さん(井上真央さんが演じています)の不思議な体験というのが出ていました。

戦後、ヤクザの囲い者にされそうになったけれど、それを命がけで助けてくれた人がいる、と。

自分は逃げてきてそれっきりなので、あれが誰だったのかわからない、と。


映画ではほんのわずかのシーンでそれら(戦後と現代)がつながるようになっており、しかもハッキリとした描き方ではありません。

ですから、慎重に見ていないと???となると思いますが、その助けた人というのは、新井浩文さん・田中泯さんが演じた景浦でしょう。

部屋に「血を吸った刀」が置いてあり、それで繋がります。


自分としては、それが一番の感動ポイントだったかも。



向井理さん主演で、テレビドラマ版というのも制作されているんですね。


いつか機会があったら見てみたい。


「永遠の0」 ディレクターズカット版 DVD-BOX [ 向井理 ]