2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。

 

昨日放送されたのが第4話。

 

医者の東庵が、前に織田信秀に賭け事(双六)で負け、10貫ほどの借金があるというのが出てきました。

 

この時代の10貫とはいくらくらいのことなのでしょう。

 

ここに書かれていました↓

 

1貫が約15万円。

 

ということは10貫は約150万円。

 

それはなかなかの借金額ですね、東庵先生!