数年前くらいからでしょうか、「意識高い系」という言葉をメディアで時折見かけるようになりました。

「意識が高い」とどのように違うのか、いまひとつよく分からなかったのですが、なるほどと感じる内容がありました。


意識の高い学生とは『行動の目的意識が自分の欲求に根差していて、かつそれを自認している学生』、意識の高い学生(笑)はその逆なのかもしれません

東大生が振り返る、就活で「勝てない」意識の高い(笑)学生


その逆というのは、「行動の原動力が自分の欲求ではなく、誰かの真似事で、それを自分でもよくわかっていない」という感じだと思います。

本当に意識が高い人は、
★行動の理由が自分の内的欲求から来ている
★そのことを自分でもよくわかっている
と。

意識高い系はそうではなく、
・なんとなくカッコよさそうだからやってみる(別に、本当にそれを実現したいわけではない)
・それをやっている自分に酔っているだけ
てなことなんでしょう、きっと。