あれこれ日記

日常で起こったことやニュースを見て感じたこと、考えたことなどをあれこれと書いていきます。

日比谷公園 松本楼が出てくる映画

テレビを見ていたら、日比谷公園の松本楼が出てきました。

 

NHKの芸人先生という番組。

 

この回です→芸人先生「ミキ バスガイドにアドリブ力を講義する」

 

ラストのほうで、75歳の現役最年長バスガイドさんと一緒にバスに乗って、ときおり周りの東京の街を見ながら話をしていました。

 

そこで、日比谷公園を通りかかり、バスガイドさんから「1年に1回、10円でカレーが食べられるお店」と教えてもらっていました。

 

「日比谷松本楼」というレストランです。

 

 

このとき、「このお店が出てきた邦画があったよな・・・」と思った自分。

 

タイトルは思い出せませんでした。

 

ヒロインは現代の女子高生。

 

あるところで携帯電話を落としてしまい、それが明治時代へとタイムスリップしてしまいます。

 

ケータイを拾ったのが、明治時代の青年。

(東京帝大生)

 

なんだかんだで電話をする関係となり、その後、時間を超えたデートをする・・・という流れだった気がします。

 

そこで出てきたのが、日比谷松本楼。

 

映画のタイトルを調べると

 

 ・

 

 ・

 

 ・

 

 ・

 

「東京少女」だっ。

 

ヒロインが夏帆さん。

 

明治時代の青年役が佐野和真さんの映画。

 

 


東京少女 【DVD】

 

 

日比谷松本楼は、創業が明治36年。

 

そして、現代でも営業しています。

 

だから、時間を超えて、一緒のお店に行くことができた、と。

 

 

 

 

 

 

ブラインドデート 意味

映画作品を見ていたら、ブラインドデートという言葉が出てきました。

 

日本語字幕が「ブラインドデート」。

 

日本では、あまり一般的な言葉ではないと思うのだけれど。

 

「友人とかに紹介された者同士が、軽い感じでお見合いのように会ってみる(デート的なことをしてみる)やつだっけ?」となった自分。

 

調べてみると・・・だいたいそんなニュアンスで合っているよう。

 

人からの紹介とは限らないのかな。

 

「見知らぬ者(初対面)同士が、2人きりでデートしてみること」といった意味かと。

 

 

そのままのタイトルの映画もあるよう。

 

ブラインド・デート [DVD]

新品価格
¥4,104から
(2019/3/23 22:51時点)

 

原題もBlind Date。

 

1987年製作の、ブルースウィリスやキムベイシンガーが出ている作品?

 

う〜ん、見たことあるのだったかな・・・

 

 

 

 

 

バンクシー・ダズ・ニューヨーク動画

2014年のドキュメンタリー映画「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」。

 

その動画が見放題作品で配信されています。

 

バンクシー・ダズ・ニューヨーク
(本ページの情報は2019年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

 

予告の映像を見てみたけれど、おもしろそう。

 

またU-NEXT利用を再開予定なので、そのときも見放題だったら見てみようっと。